2011年10月06日

PSVitaの通信料金、月額980〜5985円。10395円は珍しいケース Microsoft、Kinect特許





■ 「月額10395円」説まで流れたPS Vitaのパケット定額料金、正確な額が判明

それぞれの料金プランを分かりやすくまとめると以下のようになります。

◆プリペイドプラン
「プリペイドデータプラン 20h」
料金:980円
通信速度:下り最大128kbps、上り最大64kbps
通信可能時間:20時間
通信利用期間(残り時間が有効な期間):30日間

「プリペイドデータプラン 100h」
料金:4980円
通信速度:下り最大128kbps、上り最大64kbps
通信可能時間:100時間
利用可能日数(残り時間が有効な期間):180日間
備考:上記に加えて下り最大14Mbps、上り最大5.7Mbpsの通信を3時間利用可能

◆定額データ通信プラン
「定額データプラン スタンダードバリュー」
料金:月額1000〜5985円(2段階制定額プラン)
通信速度:下り最大14Mbps、上り最大5.7Mbps
通信可能時間:使い放題
備考:別途プロバイダとの契約が必要(月額525円の「mopera U」など)

「定額データプラン フラットバリュー」
料金:月額5460円(固定)
通信速度:下り最大14Mbps、上り最大5.7Mbps
通信可能時間:使い放題
備考:別途プロバイダとの契約が必要(月額525円の「mopera U」など)

実際に月額料金が1万395円になるのは
「パケ・ホーダイ フラット」などのパケット定額サービスを契約しているNTTドコモのFOMAカードなどを
PS Vitaの3Gモデルに差し替えて利用した場合の話







こういくつも回線契約していると
他社との通信料おまとめサービスも、出てきてほしいところですね〜
通信料もバカになりません。


■ Microsoft、Kinectでユーザーの年齢を判別する特許を申請

Microsoftが、Xbox 360のモーションカメラKinectに搭載される深度センサーを使って、
ユーザーの年齢などを割り出す新技術の特許を申請していたことが分かりました。

2010年3月に米国特許商標局に登録されていたこの特許は、Kinectなどに搭載される3D深度センサーを用い、
ユーザーの頭部の大きさ、腕の長さ、肩幅など全身の体型やバランスを認識、
それらのデータから推定年齢を算出し、
各レーティングに基づいてテレビ番組やゲームコンテンツの年齢規制を自動で行うというもの。

また、各年齢層に合わせたユーザープロファイルを設定可能で、
例えば大人がアダルト向けコンテンツを鑑賞中に急に子供が部屋に入った場合、
センサーがそれらの状況を判断し、自動的に代替のコンテンツをテレビ画面に映すといったことも可能になるそうです。
Kinect
レーティングもそうですが、ユーザーの好みを反映したメディアを
さらに効率よく提供できるような気もします。







posted by まいすたー at 08:08| PSVita | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
マウスコンピューター/G-Tune データ復旧 【サンワダイレクト】わけありアウトレット シマンテックストア トレンドマイクロダイレクトストア マカフィー・ストア最新キャンペーン情報