2011年12月09日

世界の物理学者が探し続けた「ヒッグス粒子」発見か


□ 世界の物理学者が探し続けた「神の粒子」発見か

 物質を構成する素粒子に質量を与えたとされる未知の粒子「ヒッグス粒子」を見つけた可能性が高まり、ジュネーブ郊外にある欧州合同原子核研究機関(CERN)は13日、緊急の記者会見を開く。

 「神の粒子」とも呼ばれるヒッグス粒子は、現代物理学の基礎である標準理論を説明する粒子の一つで、世界の物理学者が40年以上探索を続けてきた。存在が確認されれば世紀の大発見となる。

 発表するのは、日本の研究者も数多く参加するCERNの「ATLAS」実験チームと、欧米中心の「CMS」実験チーム。
 いずれもCERNの「大型ハドロン衝突型加速器(LHC)」という実験装置を使って、陽子と陽子を高速で衝突させ、そこから出てくる粒子をそれぞれ分析した。

 その結果、今年10月末までの両方の実験データの中に、ヒッグス粒子の存在を示すとみられるデータがあることが分かった。
 8月までのデータでは、存在する確率が95%以下しかなく、データのばらつきかどうか判断がつかなかった。

□ シュタインズゲートのセルン!確率は99%以上になればいいですね。











ラベル:ヒッグス粒子
posted by まいすたー at 09:50| 開発 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
マウスコンピューター/G-Tune データ復旧 【サンワダイレクト】わけありアウトレット シマンテックストア トレンドマイクロダイレクトストア マカフィー・ストア最新キャンペーン情報