2011年11月28日

ハイエンドPCI Express SSD「Z-Drive R4 C Series」受注販売


□ 1.2TBの高速PCIe-SSDが受注開始、公称ライト2,800MB/sユニークな「ブラケット一体型ヒートシンク」も特徴

公称リード/ライト速度が最大2,800MB/sというハイエンドPCI Express SSD「Z-Drive R4 C Series」がOCZから登場、オリオスペックが受注販売を開始した。
同店には1.2TBモデルのサンプルが入荷、ベンチマーク結果の掲示も行なわれており、ランダムライトで1GB/s超を達成したという。

実売価格は、シリーズ最大容量の3.2TBモデル「ZD4CM88-FH-3.2T」が358万円、ロープロファイル対応の1.2TBモデル「ZD4CM84-HH-1.2T」が134万8千円など(全6モデル)。
納期は2〜3週間後としている
PCIe 2.0 x8対応の高速SSD

□ こ、高価格! です

OCZ RevoDrive X2 PCI-Express SSD 240GB








タグ:ssd
posted by まいすたー at 03:43| 開発 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
マウスコンピューター/G-Tune データ復旧 【サンワダイレクト】わけありアウトレット シマンテックストア トレンドマイクロダイレクトストア マカフィー・ストア最新キャンペーン情報